『ネットでの売上に直結する集客・検索キーワードの選び方・使い方』

『ネットでの売上に直結する集客・検索キーワードの選び方・使い方』

リスティング広告やSEOで勝てる!

「キーワード」でしっかり集客・売上アップしよう

ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方

基本情報

  • タイトル:ネットでの売上に直結する集客・検索キーワードの選び方・使い方
  • 著者:瀬川和人
  • 出版社:ソシム
  • 発売日:2014年9月3日
  • ページ数:239ページ

ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方

 

内容

ライバルが気づかないキーワードを押さえて検索エンジンから確実に集客する実践方法を大公開!!

ネット検索の入り口である「キーワード」。このキーワードには検索ユーザーのニーズが詰まっており、ネットビジネスにおいてはキーワードを制するものがビジネスを制するといっても過言ではありません。本書では、“バカ売れ検索キーワード発掘マーケター”たる著者が、そのニーズを適切なキーワードに落とし込む具体的なノウハウを、豊富な具体例を紹介しながら丁寧に手ほどきします。

ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方

 

目次

第1章 なぜキーワードで集客できるのか

  • なぜキーワード選びが重要なのか
  • キーワードはどうやって使うのか
  • 稼げるキーワードとは
  • キーワードを選ぶと同時に、Googleからどう見られるかも大切
  • キーワード選びの基本は「検索ユーザーの気持ちを汲み取ること」

第2章 キーワードの特徴を知る

  • 購買意欲の高いキーワードは「する」キーワード
  • ビッグキーワードは避けミドルキーワードとスモールキーワードを狙え
  • 手早く結果を出すには複合キーワードが狙い目
  • 新しく生まれるキーワードにアンテナを張り巡らす
  • キーワードは増え続ける

第3章 稼げるキーワードを探す

  • キーワードを選ぶための第一歩
  • ビジネスにつながるキーワードの「切り口」とは
  • お宝キーワードを具体化するサブキーワード
  • キーワードアドバイスツールを使ってキーワードを集める
  • 関連検索のキーワードを調べる
  • Q&Aホームページからキーワードを集める
  • ネット以外の場所でキーワードを集める
  • ターゲットユーザーへのインタビューでキーワードを集める

第4章 稼げるキーワードを加工する

  • 集めたキーワードを儲かるキーワードに「加工する」
  • 共起語を調べてメインのキーワードを拡張する
  • 類義語、略語を調べてお宝キーワードを探し出す
  • 誤字、脱字入りのキーワードの扱いに注意
  • キーワードの表記の揺れに注意する
  • 紙に書いてシチュエーションを考える
  • キーワードをグループ化してまとめる

第5章 集めたキーワードを「絞り込む」

  • キーワードを市場調査して最適なキーワードを選択する
  • 選んだキーワードのライバルの強さを調べる
  • 競合のメタタグやタイトルタグは必ずチェックする
  • 実店舗での集客ではユーザーとの距離感を意識する
  • 時間軸でキーワードを考える
  • キーワードのトレンドを調べる
  • ソーシャルメディア上でのキーワード分析をする

第6章 ホームページの改善ポイントを知る

  • キーワードの効果を知るためには環境づくりが必要
  • アクセス解析を設置する
  • Googleウェブマスターツールに登録する
  • 自分のホームページが検索エンジンに登録されているかを調べる
  • 結果が出ていない時の対応策
  • ホームページが検索エンジン向けにできているかをチェックする

第7章 キーワードの効果測定を行う

  • 集めたキーワードは低コストで効果測定が可能
  • リスティング広告の予算を準備する
  • リスティング広告に出稿する
  • リスティング広告の掲載結果を確認
  • リスティング広告のキーワード分析にもGoogleアナリティクスを利用する

ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方

 

著者について

瀬川和人

検索キーワード発掘マーケター。

WEBマーケティング会社のマーケティング職を経て、検索エンジンマーケティングの世界へ。

ネット広告総合代理店にて、ECサイトを中心にリスティング広告運用業務に従事後、大手ハウスメーカー子会社にてリスティング広告運用チームの立ち上げ運営に携わる。

自身でもネットショップを運用している。

ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方

 

レビュー

キーワード1つとっても、これだけの工夫ができるということに驚いた。キーワードを定めるということは、自分のしようとしていることを定めることにもつながる。キーワードの切り口はたくさんある。広げて考えていきたい。

 

最後の方でGoogle Adsenseの簡単な概要が説明されている。広告出稿は有料サービスでつい勉強を避けがちだったので、リスティング広告を体系的に知る良い機会となった

 

初心者向けに書かれており少し物足りないかなと思っていたが、基本に忠実に書かれているのと、検索ユーザーの気持ちを考える為に書かれており、SEO、リスティングをやる身として再度しっかり認識すべき点が満載でした。キーワードの目的、意味、手段、シチュエーションを“ずらす”という考え方をしっかり持ってKWを発掘していきたい。